تبلیغات
مشاور ازدواج و خانواده - nostalgia

امروز:

nostalgia


土曜日にFotografiskaで見た、Helen Levittの写真たち、素敵でした。
30~40年代のニューヨークのストリート。私たちの知らない、人間の生活に満ちあふれたニューヨーク。
何気ない日常の中に面白さはたくさん転がっている。目をつむりたくなることにも、ちゃんと目を見開いて凝視してみると、そこには人々の深い深い人生のストーリーが存在している。
彼女は、そのストーリーを目で確かめながら、肌で感じながら、道を歩いている。

その当時のありふれた景色は、70年後の今から見れば、一つ一つの重みがぐっと増す。
私たちが今見ている風景は、70年後の人々から見ればどう映るのだろう。
情報化社会によって、情報の価値の認識が変化している今、私たちの今が時間を経て重みを増すことは可能なのだろうか。何だか時間が経った古いものは、ポイっと簡単に捨てられてしまいそうで、それを考えると悲しくなる。
別に陳腐なノスタルジアならいらないけれど、大切なものまでごっちゃになって、時間と共に忘れ去られていってほしくない。

とはいえ、今の事象がノスタルジックになるには変化していくことが不可欠であって、私たちは、その変化の真っ只中で生きている訳で。
数限られて残された古いものだけがノスタルジックになるのだから、心配しなくても、今という時間は後々ちゃんと美化されるのかもしれないけれど。

今から、ノスタルジアのこと考えていても仕方がないですね。
今という時をちゃんと生きなくては、ということでした。

I was so inspired by pictures by Helen Levitt when I went to Fotografiska last Saturday.
The pictures were taken on the street in NY from 30s to 40s. New York was so rough which is different from the place we know.
There are lots of interesting things on the street. We can find deep individual stories when we open eyes.
She walked on the street feeling and staring the stories.

The scenes in 30s and 40s are so dramatic for me. It looks really dignified after 70 years.
How can we look at the scenery we have now after 70 years?
Is it possible to see it as "special" after 70 years even in the information-oriented society?
When I imagine that we move our memories to trash so easily, I become sad.
I don't need well-worn nostalgia, but I think we shouldn't forget something important as time goes by.

However, only a few things remain in the future and become "nostalgia" anyhow. I think we don't need to be worried about it. People like to beautify the past over the ages.

That's no use thinking how to make nostalgia from now.
I know I must focus on now and here.


منبع:
http://ht-thedawn.blogspot.com


نوشته شده در : سه شنبه 22 آذر 1390  توسط : امیر اصلانزاده.    نظرات() .

 
لبخندناراحتچشمک
نیشخندبغلسوال
قلبخجالتزبان
ماچتعجبعصبانی
عینکشیطانگریه
خندهقهقههخداحافظ
سبزقهرهورا
دستگلتفکر